山手通りから1本通りを入る静かな住宅街に位置した、2人のスタイリストの美容室。

美容室の用途だけでなく、ショップやギャラリー、カフェスタンドのような多目的利用とライフスタイルを提案する環境、さらにそれぞれがスタジオを構えるような独立性と適度な距離感のあるワンルームが求められた。

そこでワンルームの中央にH1200mmの大きなカウンターテーブルを配置し、手前と奥にそれぞれ環境の異なるスタジオを計画した。カウンターテーブルを配置することにより利用客にとっては、穏やかに分節された半個室のようであり、スタイリストにとっては距離感のあるそれぞれのスタジオのようにもなるワンルームである。それぞれのスタジオは、店先に近く明るいテラスのようなスタジオと店奥の落ち着いたリビングのようなスタジオとし、店内の環境に合わせた設えとした。

中央のカウンターテーブルは、ディスプレイ、シンク、ハイカウンターの機能をまとめ、多目的な利用を受け入れる寛容な空間を実現した。カラーの調合等一般的にはバックスペースで行われるふるまいが店の中央で行われ、スタイリング過程を共有し、カラー剤がディスプレイされていく。またあるときにはスタイリストおすすめのアートやドリンクを共有する。スタイリストと利用客とが共に環境をスタイリングし、共にライフスタイルを創り出していく環境を目指した。

two two

所在地 :目黒区

主要用途:美容室

延床面積:32.7 ㎡

施工:月造

写真:JUMPEI SUZUKI

共同設計 :水野貴之(mimoa)

© 2020 HIROYUKI MORIYASU ARCHITECTS